今日はパチスロの設定狙いについてつらつらと語ってみたいと思います。

 

ご存じの通り(?)、パチスロガチ侍管理人るきの氏は

  1. パチンコの正統攻略(回って玉の取れる台を粘る)
  2. スロット天井ゾーン狙い・パチンコ潜伏確変のハイエナ

 

現在この二本柱で活動しております。

つまりパチスロの設定狙いはほとんどやっていないというのが現状。

 

しかし設定狙いで喰っている人はいるし、実際に僕の知り合いにもいます。

都内は非等価化してから景気の良い話もぼちぼち耳にするようになりました。

 

そこで今回は設定狙いの上手い知り合いから聞いた話も織り交ぜつつ、

また自分自身も以前は設定狙いメインでやっていたのでその経験談なども語りながら、

設定狙いでいかにして勝つのかということについてまとめてみたいと思います。

ではさっそくどぞ!

設定狙いの立ち回り

katimori

設定狙いで勝つためには「参加期待値」という概念を使うと非常に捗ります。

[blogcard url="http://rukino-net.com/2284.html"]

以前この記事でも紹介したのですが、この考え方をざっくり1行でまとめると・・・

予想配分と機械割から自分の行動を期待値化して考えよう!

ということです。

 

例をあげると・・・

バジリスク絆が10台設置のお店があったとします。

  1. 2台設定6が入る
  2. 残りは設定1と設定2が半々

 

こんな配分の日があったとしましょう。

  1. 平均4000Pで低設定を完全に見切れる
  2. 設定6を打った場合は必ずロストしない
  3. 朝選んだら台移動は出来ない
  4. 参加プレイヤー全員が店の癖を全く掴んでおらずツモ率は一律

 

以上の仮定で立ち回った場合、一日当たりの平均差枚は+1185枚になる・・・

 

といった考え方です。

当然の話ですが・・・

上記配分を知っているのは自分だけでライバルが全くいなかった場合、

参加期待値はもっと跳ね上がります(朝の台でスカっても設定6に移動できる可能性があるので)。

 

逆にお店の癖を熟知しツモ率が高いプレイヤーが自分より前に並んでいた場合、

参加期待値は低くなります。

これに関しての詳細は先ほど紹介した記事を読んでみてください。

[blogcard url="http://rukino-net.com/2284.html"]

お店探しのコツ

misesagasi

基本的には狙う島の設定配分が把握できているのが理想です。

理由は参加期待値の概念を使って自分の行動を期待値化しやすくなるからですね。

 

ただし設定配分の把握というのは容易ではありません。

情報力が問われます。

イベントや示唆に関する所轄の指導の厳しさなど地域差に大きく左右される部分でもあります。

しかしながらその情報をどうやって得るのかという部分について設定狙いの上手い打ち手のお話を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

オススメイベント・示唆ランキング

ranking

①設定師と仲良くなるとピンポイントで設定教えてくれちゃう

これは倫理的な面はともかくとして最強の激アツイベントですね(笑)

なにせ100%でツモれちゃいますから絶対勝てます。

僕の知り合いでコミュニケーション能力がとても高い女性スロッターがいるのですが、

彼女は「お店の中の人を牛丼屋さんに誘ってライン交換して以来、ときどき全台高設定の機種と日にちを教えてくれる」と語っていました(強者すぎる・・・)

そのへんの能力に自信のある人はチャレンジする価値はあるんじゃないでしょうか?

という意味でこの事例を紹介させてもらいました。

 

②常連にだけおすすめ機種と配分をこっそり教えてくれちゃう

こういう店は結構あります。口頭示唆というやつですね。

ハイエナメインで毎日その店に通っていたら教えてくれたという経験が僕にもあります。

配分をもし聞くことができたら、ライバルの強さなども加味した上で、参加期待値の考え方を使ってその島を攻めるべきか否か判断しましょう。

 

③こっそり系示唆をやっている店を探す

これは先日知り合いに聞いた話なのですが・・・

朝入店したときの椅子の高さで高設定の場所を示唆している

というお店の話を聞きましたw

観察力が問われますが、こういうお店をゲットできるととても稼げます。

是非お店のあらゆる部分に注目する、という意識を忘れないでください。

 

④メールやライン・フェイスブックなどでほぼ示唆しちゃってる

僕は最近都内の色んなお店のメールやラインを登録しているのですが・・・

たしかに結構きわどいレベルの煽りいれてるお店が増えたなあという印象です。

ある日突然K察に怒られて景品の特売情報しか送ってこなくなることがあるのが難点ですが・・・

ライバルが弱くて配分が読める状況を押さえることが出来たらとても美味しいですよね。

 

⑤激アツ情報を教えてくれるライター・一般人来店を狙う

これはライバル多くなるのでそんなにはオススメしませんが・・・

設定狙いをするとっかかりとしてはいいんじゃないでしょうか?

ばぶ隊長とかライバーロックとかそういう人達ですね。

他にもいると思うのであらゆるメディアに注目してみてください!

 

⑥有名全台系イベントで抽選勝負

でちゃうのMAJIKAなど人だかりができる有名イベントを狙うというやり方です。

この場合、抽選にスカった場合の逃げ道をあらかじめ作っておくことが超重要です。

  1. 近くのお店のハイエナ用下見をちゃんととっておく
  2. パチンコが打てるのであれば甘デジやアナログ機の保険台を探しておく

 

といったことですね。

良番引けなかったけどせっかく来たんだから打っちゃえ!みたいな行動は避けましょう。

パチスロ打ちとしてはつまらないかもしれませんが、安定して結果を出すためには「打たない」という行動を選択できることが大事。

ここではさらっとでもよいので頭の片隅に置いといてください。

設定変更が見破れるとよりアツい

kanpa

設定が入る日や島は全リセというお店も多い昨今ですが・・・

もし据え置き=低設定、変更=アツい、という状況を手に入れることが出来たらかなり強いです。

あらゆる手段を使って変更判別をしましょう。

  1. 台の変更挙動を熟知する
  2. リールのブレ(ガックン)を判別する
  3. 一部の台のみ総回転数の増え方や出目が異なっていないかチェック
  4. 朝早くにお店に並び設定変更音が聞こえたり変更作業が覗けたりしないかチェック
  5. 朝入店時、各台の液晶デモが一部のみズレていないかチェック

 

このへんをおさえておくとむちゃくちゃ美味しい体験が待ってるかもしれません。

特に3~5みたいなお店は激アツ。めったにありませんが発見できるとクソ美味しかったりすので油断せずに目を光らせましょう。

 

 

以上、自分なりに設定狙いのコツや立ち回りについてまとめてみました!

異論反論コメント大歓迎ですのでよかったらお願いしますね!

おすすめの記事