ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

まだ僕の「第七話 自己流は事故流、大スランプ克服のきっかけとは」を見ていない方は

先にそちらを見ていただければ幸いです。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

第七話 自己流は事故流、大スランプ克服のきっかけとは

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ピエロがくれた光

Zさんとの出会いをきっかけにスロプロとして開眼した僕。

この頃はとにかくスロットでお金を稼ぐことが楽しく、ひたすら勝てる店探しと稼働に明け暮れていました。

 

ちなみに僕が当時主戦機種にしていたのが4号機のジャグラー。

  • 爆裂AT機の設定6狙いは、一般客を含めた競争率が高い
  • ニューパルサーなど設定判別ができる機種は専業筋が多く島のレベルが高い

といった当時の状況において無風地帯になっていたのがジャグラーでして、ライバルの少なさを気に入り好んで打っていました。

 

今の人にはピンとこないかもしれませんが……

当時のジャグの島はまるで特別養護老人ホームのような雰囲気になっていることが多く(苦笑)若い人間が打っているだけで変人扱いされていたんですよねw

 

4号機末期にはジャグの甘さが知れ渡りプロも良く打ってましたが……

当時は「変更判別は出来るものの設定判別が出来ない」というデメリットを理由に、Aタイプメインのガチ専業はジャグを敬遠している状況。

ただ僕はZさんに「イベント翌日の設定下げ確認でイベント信頼度をチェックする」という概念を教わっていたので、それを武器にジャグをぶん回して結果を残していたんです。(この信頼度チェックのやり方は現代でも通用する方法なので覚えておいてください)

 

そんなピエロ三昧のある日のこと……

いつものように高設定を確信してジャグラーをブン回していた夕暮れ時、僕の携帯にメールの着信が入ります。

 

Sちゃん
もうるきの君にはついていけない、別れよう。

 

そうです、当時の僕はパチスロに熱中するあまり、Sちゃんに愛想をつかされてしまいました。

しかし携帯をすぐに閉じ、ジャグラーをブン回す手を止めない僕←大馬鹿

 

その直後、僕のジャグラーのランプが……

ひっそりと光りました。まるで僕を慰めるように。

僕は少し滲んだように見えたゴーゴーランプを、七で揃えてすぐに消したのでした。

怪しいイラン人から10万円で車を買う

その後Sちゃんに振られた僕は、Zさんや名波さんの真似をして日本を放浪旅打ちしようと決めました。

多分ショックで頭がどうにかなっちゃったんだと思いますw

 

ちなみにそのときお金はそれなりに貯まっていたのですが、根がケチな僕はオークションで10万円の車を落札しました。

待ち合わせ場所に到着すると、登場したのがカタコトのイランの人で面食らったのを今でも覚えてます。

思わず「テレホンカードが売れなくなったから車に手を出したんですか?」と聞きそうになりました(昔は偽造テレホンカードをイラン人がよく街角で売っていたのです)

 

果たして、イラン人から買った車は意外にも機関良好でした。

その後約3年間、日本全国を無茶な乗り方で駆け巡ったにも関わらず、まったく壊れる気配はありません。

旅打ちは順調で、行く先々で地元の美味しい食べ物を食べたり、美しい景色を見ながら、現地のパチンコ店を攻略していく僕。

隣にSちゃんが乗っていなかったのは残念だけど、知床でぼんやり描いた夢を叶えることはできました。

 

ちなみにその頃、僕の家庭環境はどうだったのかというと……

母は看護師として働くようになり経済的にある程度自立したので、父とさっくり熟年離婚しましたw

 

ただ離婚する際は色々と大変だったようで、そのときの引っ越し費用は僕が一括で払うことに。

大事な人が困っているときに助けになる力の第一候補はお金なんだなあとしみじみと感じました。

このときばかりはパチスロで稼げるようになって、お金を貯めていた自分を褒めてあげました。

後日談

旅打ちから帰った後、僕は母に連れられて先生のところに行きました。

「もう先生も歳だし、いつ会えなくなるかわからないから今の内に挨拶しておきなさい」

随分不吉な事を言うもんだなあと感じましたが、確かにそうかもと思い直す僕。

 

久しぶりに会った先生は相変わらず若々しいままでした。

少なくともあの世へ旅立ちそうな気配は全く感じませんw

さて先生は旅のことや僕がパチスロで稼いでいることもどうやら母から聞いていたようで、おもむろに口を開きました。

先生

るきの君、世の中には「生業」と「正業」がある。

僕はヒモなんていう「生業」側の人間だから、本来君にアレコレ言う資格はないんだけれども。

君は話を聞く限り「正業」で生きていく能力もありそうだし、試しにそちらの生き方を模索してみたら?

嫌になったら「生業」に戻ってくればいいんだから。

 

普段は僕の話を頷きながら聞くか「お題目をやれ」しか言わない先生が、僕の進路や生き方に口を出してきたのはこのときが最初で最後でした。

確かにそうかもと先生の言葉がスッと入ってきたので、僕は試しに社会復帰してみることにしました。

 

------------------------------------------------------------------------------------------------

 

先生、ごめんなさい。

あれから僕は、成果主義の仕事が合ってるかなと思い営業の仕事をしてみたり……

女の人がいっぱいいる職場で彼女を作りたいという高校時代と変わらぬ発想で(笑)

障がい児デイサービスの指導員の仕事をしてみたりしましたが……

 

やはり僕は、自由に気ままに自分の力で稼ぐ生き方がどうしても忘れられずに「生業」の世界へ舞い戻ってきました。

デイサービスの仕事を辞め、職場で知り合った彼女とも別れ、旅打ちを再開しました。

 

ただ、最初の旅打ちと違うことがひとつありました。

旅打ちの様子をブログに書いてみたら、当時の有名ブロガーさんに紹介されてそこそこ数字が伸びました。

 

結局パチンコパチスロのブログはすぐに更新しなくなるのですが(おい)

結婚を機にブログに本気で取り組むようになり、色々試行錯誤してみたらなんとか生活できる分くらいは稼げるようになりました。

 

まだ吹けば消し飛ぶような規模で、試行錯誤は続いてますが、少なくとも僕は楽しく仕事できてます。

ブロガーやアフィリエイターのことを「正業」じゃない虚業だなんていう人もいるのですが、僕は「正業」だと思ってやってます。

 

まあ喰えなくなったら生業側に戻るんで大丈夫です(?)

どちらにせよ応援しててくださいね。

正しい道を進めるように頑張ります。

 

~完~

おわりに

ここまで読んでくれてありがとうございました!

 

このブログはしばらく放置していたので、1日に200人くらいの方しか訪れないブログに成り下がっていたんですが……

この連載を始めてから、ツイッターで拡散に協力してくれた人のお陰もあり、アベレージで訪問数やサイト滞在時間が3倍以上になりました。

 

自分の想定以上に多くの方が読んでくれてることを数字で実感し、とてもやる気が出ました。

この場を借りてお礼を申し上げます、本当にありがとうございます。

また「やっぱりるきのの文章は面白い」などのもったいない評価・評判もいただきまして、自分は天才だったのだということを再確認した次第です(調子乗んな)

 

さて少し唐突に話題を変えるのですが……

このブログは色々考えた結果、しばらくは初心者の方向けコンテンツに注力しようと思ってます。

そこで問題なのが、僕の現在の読者層でして……

薄々気付いてはいたんですけど勝ってる人が多いんですよね、やっぱwww

一応、ガチ勢の人に満足してもらえるマニアックな記事とかも全然書ける自信はあるんですが(少し現場に戻る必要はあるけどw)

このブログでやりたい事とはズレるしってことで、今後の方針について実は結構悩んでました。

 

またストーリー構成の都合上、プロフィール記事で入れたエピソードの中で、削除せざるを得なかったものもありまして……

そこらへんどうするかでウンウンと2日くらい悩んでたんですよね。

 

で、結論としては、

  • 上のツイートで挙げたエピソード
  • ガチ勢の人向けのマニアックなパチンコスロットコンテンツ

は今後別のブログで更新することにしました。

 

「パチスロガチ侍」の整備が一段落したら取り掛かる予定なので、それまでは僕のツイッターをフォローしてお待ちください。

もちろん、これからパチンコやパチスロで勝てるようになりたいぜ!という方は、今後もこのブログをチェックしておいてくださいね。

お役に立てる記事更新をお約束します。

ではでは!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事