ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

まだ僕の「第四話 サクラサク!バラ色の高校生活で人生やり直しチャレンジ突破なるか?」を見ていない方は

先にそちらを見ていただければ幸いです。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

第四話 サクラサク!バラ色の高校生活で人生やり直しチャレンジ突破なるか?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ドキドキリゾートバイト、知床旅情編

そして高校卒業後。

僕は巨乳の彼女Sちゃんとともに北海道の知床にいました。

 

なぜ僕はこんな辺境の地にいるのか。

その理由は以下です。

高校を卒業したらとりあえず自動車免許を取ろうと決めていました。何をやるにも必要だろうと思っていたんですね。

しかし残念ながら家にはそんなお金ねえ!とるんなら自分でお金を稼がないといけません。

 

そんな折、雑誌かなんかの特集で「リゾートバイトはお金が貯まるらしい」という話を耳にします。

たしかにコンビニすらないような辺境の地にいけば、そもそもお金を使う機会もないので免許取得費用くらいすぐに貯まるのでは?

とSちゃんにボソッと話したところ

Sちゃん
じゃあ私もついていく!

という話になった次第w

かわいいぜSちゃん。

 

結局、僕たち二人は知床のリゾートホテルで半年間働くことになりました。

時給は最低限でしたが、寮費はタダで一応朝食と夕食の2食付きというお金を貯めるには申し分ない環境。

噂に聞いていた通り、その観光地にはマックもなければショッピングセンターもなかったので、お金は半年で80万ほど貯まりましたね。

 

仕事が休みのときは、よく二人で知床の観光地を巡りました。

雄大な自然や野生の動物と触れ合う休日。

 

るきの
なんかこういうのっていいなあ

 

引きこもり生活が長かった反動でしょうか。

旅って楽しいなあ、大人になっても定期的に旅に出れるような生活になればいいなあ。

こんなことをぼんやりと考える僕なのでありました。

パチスロとの出会い

そして帰国後。

(知床は日本だけど、気分的には「帰国」って感じでしたw)

読者のみなさんお待たせしました←

ついにるきの青年はアレと出会います。

そうです、パチスロです。

 

きっかけは、時給の良さに惹かれて入ったパチンコ屋のバイトでした。

今までパチンコやスロットの類いは全く興味がないどころか、

パチンコ=ハマって借金漬けになる

的な極悪なイメージしかなかったので……

自分には縁がないもの、絶対足を踏み入れてはいけないものくらいに考えてましたw

 

ただ、仕事に慣れてくるとスロットコーナーに配属されました。

そこで必要になるのが「目押し」です。

現在は「店員による目押しサービス」は大っぴらにできないのですが、当時はまだ規制の解釈がユルかった為、当たり前のように行われていたんですね。

 

閉店後、社員に呼ばれてメダルを渡される僕。

社員さん
七が揃えられるように練習してみて

言われた通り、リールのタイミングを身体で測って、七が揃うタイミングでボタンを押します。

しかし、揃いません。

 

が、社員さんは……

社員さん
お、るきの君ちゃんと狙えてるね。これなら大丈夫そうかな。

と訳の分からないことをいいました。

社員さん
まだフラグが経ってないから七が揃わないようになってるだけで、るきの君はちゃんと狙えてたよ!

るきの
何を言ってるのかさっぱりわからない……

社員さんの喋ってる言葉の意味はさっぱりわかりませんでしたが、

社員さん
お、入った。るきの君、七を狙ってごらん

と言われたので、ボタンを押すと……

七が揃い、賑やかなフラッシュとファンファーレが僕を祝福しました。

お金のかかっていない仕事の為の練習のはずなのに

るきの
スロットってちょっと楽しいかも

と僕は心の中で呟いたのでした。

はじめてのプライベート実践

数日後、僕はパチンコスロットの勉強という名目で(笑)近所のホールに足を運びました。

実際にお客さんから打ち方やゲーム性を聞かれることがあったのですが、その度に応えられなくて他の人を呼んでたのが悔しかったんですよね。

獣王(4号機)

ちなみに僕がはじめて打った台はコレ。4号機を代表する爆裂AT機「獣王」です。

そのときの実践内容はというと、千円でBIGを引いて、そのまま数十Gゲームだけ回してすぐに流しましたw

4千円勝ち。

それが僕の初戦の結果でした。

店の外を出て、特殊景品を小さい窓に放り込むと、無言で5千円札が出てきました。

るきの
たった10分足らずで四千円も稼いでしまった……

普段、時給千円弱で働いている僕の価値観常識が崩壊した瞬間でした。

 

その後僕は興奮しながらホールを出ると、すぐにコンビニにいって雑誌コーナーへ走り、パチンコパチスロ雑誌を端から立ち読みし始めます。

どうやったらパチンコやパチスロで勝てるのだろうか。何かコツのようなモノはないのか。

目を充血させながら必死で探し求めました。

探せ攻略法

その結果、僕が出会った一番最初の攻略法は………

 

海物語は大当たり終了後350~400回転の台が狙い目!

仕事人は200回転後、デモ画面で1分放置すると当たりやすい!

 

的な事が書かれていたパチンコオリ〇ナル必勝法という雑誌の情報でしたw

 

これはこの業界の悪しき風習で、未だに某漫画家の先生は同じことをやっているのですが……

なんの根拠も示されないインチキ攻略法の書かれたパチンコ雑誌がさも当然のようにコンビニや書店に置かれていたんですね。

本屋に書いてある情報=そんなに的外れな事は書いていない

根が真面目だった僕はこのように考えて、大真面目に海物語の350~400回転の台を求めてホールを徘徊しました。

 

そして雑誌に書かれている通りの打ち方を試すのですが……

全然当たらず、僕は首を捻りながらホールを後にしましたw

るきの
パチンコは当たる気がしないから、まずはスロットの勉強からにしよう

今にして思えばナイス判断ですが、パチンコで全く当たりを引けなかった僕は、パチンコは諦めてスロットの雑誌を熟読しはじめます。

備考

これは不思議な話なのですが……

今も昔もおおっぴらにインチキ攻略法を掲載しているのは、パチンコ雑誌のみです。

スロット攻略雑誌は大体真っ当な攻略法や解析情報を載せています(オカルトノリの記事もあるけどちゃんとオカルトと断っている)

スロット雑誌には当時主流になりつつあった獣王などの解析数値がびっしりと書かれてあって、最初はなかなか意味が理解できませんでした。

しかし、そこで僕がとった学習方法は、

  1. 雑誌をホールに持ち込みながら、実際にスロットに触れる
  2. わからないことがあったらすぐに店の外に出て、雑誌を確認する

というモノでした(我ながら真面目だ……)

そのような勉強と実践を繰り返していたら、一ヵ月後にはスロットのゲーム性やリール制御、ノーマルタイプとAT機の意味などは理解できるようになったんですよね。

 

お金は20万円くらい減ったけどw

るきの
や、やばい……このままでは知床で貯めた貯金がなくなってしまう……

僕は焦りました。

 

なにか手っ取り早く稼げる攻略法のようなモノはないのか……

必勝ガイドやマガジン、必勝本をバックナンバー含めて、白黒ページの隅のほうにある情報も見逃さないという勢いで探しました。

そこで僕は、自分の運命を変える、とある攻略法と出会うことになるのでした。

続きはこちらから

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事