準備はできたか?

じゃあさっそくパチンコ屋にいってみよう!

とはならない。

パチ屋に行く前にまずこれをインストールしておけ。
アンドロイド端末の者は「収支帳」で検索して目についたものを適当に落としとくんだ。

なぜこんなものをインストールしたのか。
それはこれから我々はビジネスとしてパチンコに取り組まないといけないからだ。
ビジネスをやるのに帳簿も用意しない商売人なんて想像できないだろう?

今までは勘定もせずにガンガンお金をサンドに突っ込み、
たまたま換金できても額は3万くらい
みたいなノリで適当に収支把握していたかもしれないが
これからは1台打ったたびにその都度収支をアプリに記録していくんだ。

この収支帳の記録がのちのちいろんな意味であなたの心の支えになるから、
必ず正確に全ての収支を記録する習慣をつけよう。

ちなみにいちおー言っておくが、まさか「僕…スマホ持ってないんですけど…」
とかいう奴はいないな?

極端な話これから我々が向かうパチンコという名の戦場は、完全な情報戦である。
いまどき50代のおばちゃんですら店内でスマホをいじって機種解析を検索するような時代だ。
そんなご時世にスマホも持たずにパチプロになろうなんて、
竹槍で戦闘機を撃墜しにいくようなもの。
万が一心当たりのある人がいたら、すみやかにスマホに機種変更しておくように。

準備ができたらさっそくパチンコ屋に向かおう!

 

さて、店内に着いたか?
それではこれからあなたがやらなければいけない課題を提示する。

それは、1台も打たずにパチンコ屋で過ごす、というものだ。

もしできるのであれば開店から閉店まで1つの店にいてほしい。
もちろんずっと立っている必要はない。
休憩所のソファーに腰をおろしても雑誌を読んでもいいし、なんなら寝てもよい
(店員に追い出されない程度に)

とにかくパチンコ屋にいるのに1台も打たない、金を使わないという経験をしてほしいのだ。

もしかしたら今まで趣味としてパチンコを打っていたあなたにとって、
パチンコ屋にいるのに台を打たないというのはとても辛いことかもしれない。

他のお客さんが楽しそうに遊技台を打って、激レア演出を出して、
コーヒー買うためにドヤ顔で離席したりしているのを横目に
ひたすら仏像のようになにもせずに店内に佇んでいなければならないのだ。
気が狂いそうになる、なんて人もなかにはいるかもしれないな。

しかしである。

実のところパチプロというのは「パチンコ店に入店し1台も打たずに退店する」
という一連の行為をそれこそ何千回、何万回と繰り返している。

つまり、打てる台しか打たないのだ。勝てる勝負しかしないのである。

これが一般遊技者との唯一にして最大の違いなのだ。
一般のお客さんというのはこれができないからいつまでたっても勝てない。

しかし、我々はもう一般遊技者ではない。パチプロだ。
こんなところでつまづいているようでは、いつまで経ってもスタートを切れない。

ここが最初の歯ぁ食いしばりポイントだ。
打ちたくて打ちたくてしょうがないかもしれないが、
騙されたと思って一日中打たないという経験をしてみてほしい。

では開始したまえ!

 

 

 

…どうだろう?1台も打たずにパチンコ店で終日時を刻むことができただろうか?

 

「できた!」という君。
おめでとう。そしてようこそ。

あなたはもう一人前のパチプロだ。
「いやいや何をテキトーなことを」と言うかもしれないが、私は本気である。
あなたは立派にパチプロとしての一歩を力強く踏み出したのである。

その3に続く

おすすめの記事