るきの
2児の父にしてパチプロ歴十ウン年のるきのです!

先日「教えてgoo」を眺めていたらこんな質問を見つけました。

 

Aさん
パチンコ暦5年になります。
もともと、ギャンブルをする人が好きではなく、好意を持った男性でもギャンブルをするとわかると一気に冷めてしまうほどパチンコそのものが受け入れられないものでした。
そんな私がひょんなことからパチンコに手を出してしまい、自分がギャンブルが好きな性分であることを知りました。しかし、もともとパチンコに対する嫌悪感はなくならず、それでも辞められない自分が情けなく自己嫌悪に陥っています。
(中略)正直、なくなったお金にはあまり未練はありません。パチンコのせいで十分に貯金ができていないのですが、借金もないため、もったいなかったな・・とは思っても貯金できなかったのは自業自得だと受け止めています。が、逆にその気持ちが、辞めよう!という決意を鈍らせています・・・。借金してまでやっているわけじゃないし、ストレス発散になってるしいっか!と言う気持ちと、情けない恥ずかしい後ろめたい気持ちと葛藤する日々です。

https://oshiete.goo.ne.jp/qa/7895824.html

 

この質問者の方は女性だと思うのですが、他にもネット上を探してみるとコレ系の悩みを抱えている女性の方が沢山いそうなんですよね。

で、これらのお悩みに対して「自分だったらこう回答するかなあ」と色々考えていました。ネット上にはもちろん解決策やアドバイスが溢れているんですが、「ちょっと言い方キツくね?」と感じたり「そんなんでパチンコやめれたらそもそも苦労してないと思うんだけど……」という返答があまりにも多すぎるんですよね。

なので今回は勝手に上記質問者さんがいると仮定して、回答を記事にしてみたいと思います。

僕は男性なので適任ではないかもしれませんが、自宅仕事で子どもの世話や家事はそれなりにやってるし、仕事で主婦ライターさんとやりとりすることも多いので、ある程度上記質問者さんの気持ちに寄り添った返答はできるつもりです。

ではさっそく記事本文をどうぞ!

具体的な解決策3つ

ギャンブル依存症外来や電話相談を利用する

まず最初に考え付くのがギャンブル依存症外来や電話相談を利用するというものですが……

正直、そこまで生活に支障が出ているレベルだったら、あなたはぶっちゃけとっくに相談していると思うんですw

きっと「借金するほどではないしパチンコ代はお小遣いの範囲内で収まっている。でも貯金できる家計状況ではない」から困っているんですよね?

世の中にはセルフでギャンブル依存症の疑いをチェックできるリストがあります。

http://www.ibutake.com/sogs-test

が、質問者さんの状況だとおそらく点数が……

  • 0:ギャンブルの問題なし
  • 1-4:やや問題あり
  • 5以上:ギャンブル依存症の疑い

真ん中の4点前後になると思います。結構微妙なラインなんですよね。

 

それにそういう病院にどうしても足が向かない気持ちは自分もよーくわかります。僕も「虫歯絶対あるわ」とわかってるのに歯医者にずっと行かなかったりしてますしw

そんな人に対して「病院行け」で済ますのは、正直まったく回答になっていないと思うんですよね。

ですので、別の解決策をドドンと書いていきます。

収支表を記録する

あなたの状況を確実に改善できて、かつ今すぐに出来るアクションプランが一つあります。

それはパチンコの「収支記録」をつけるというものです。

ノートに手書きだとご家族にバレる可能性がありますが、今は便利なものでパチンコ収支記録アプリというものが沢山あるんですよね。

パチンコパチスロ収支管理メモのpShare

パチンコパチスロ収支管理メモのpShare

DMM.com LLC無料posted withアプリーチ

これをダウンロードして、これからは1台1台の収支を記録するのです。

アプリをご家族に見られたくない場合は、こちらの記事を参考に隠してください。

 

このときのコツですがどんなに負けても必ずつけるのを徹底すること!勝ったときに多めに記録するとかもナシですw

どうせ自分しか見てないんだから正直に記録してくださいね。

記録をつけるだけで自分のことを客観的に見ることが出来るようになり「今月はこんなに負けてるからパチンコ屋に行くのやめよう」という気持ちに自然となれますよ。

ギャンブリング戦略を見直す

「ギャンブリング戦略」と言っても、耳慣れない言葉かもしれません。

凄くざっくり言うと「パチプロがやっている行動と、自分のギャンブル行動をなるべく近づけてみる」ということです。

うさぎさん
パチプロって本当にいるの?

と疑問に思うかもしれませんが、実はパチプロって結構います。

なにを隠そうこの記事を書いてる僕自身が十年以上パチンコの稼ぎで生活していましたし。

他にも例えば元パチプロの有名人だと阿部寛さんとかは有名ですね。本人の話を聞いていても結構ガチでやっていたっぽいです。

--俳優として食べていけない時期はパチプロとして生活していたと聞きましたが

阿部寛
月に15万円。1年半続けました

--当時の台選びのコツは

阿部寛
完全に釘ですね。特に道とヘソ。それと止め打ちができたんで…。こういう話をどこかで話しても全部カットされてました。専門的になりすぎて、地上波向きじゃない話が多いですね、僕は

--もしもそのまま続けていたらと考えたことは

阿部寛
パチスロは無理だけど、パチンコなら今でも同じくらいイク(稼げる)んじゃないですかね

--今までで一番負けたのは

阿部寛
忘れもしませんね。25万円がスロットでその日に無くなった

--現在プライベートでは朝イチで並んだりは

阿部寛
それやってしまうと“仕事”になってしまうんで。空いた時間に空いたホールで、ストレスをためずに楽しみたい。打つのはミドルですね。マックスはなかなか当らないし、当っても連チャンしなきゃというプレッシャーがでかいし

引用元:http://blog.livedoor.jp/usojapan/archives/2460318.html

阿部寛さんの「釘の良し悪しを基準に台を選び」「止め打ちをする」という行動は、完全にパチプロのそれです。

このときのコツというか考え方としては、完璧じゃなくていいから少しでも近づけるようにすること。

 

  • あからさまに回らない!と感じた台は、なるべく辞めるようにする
  • 止め打ちなんて出来る気がしないけど、とにかくチャレンジしてみる

 

こういう姿勢が大事です。止め打ちについては個人のセンスで習得時間に大きく差がありますが、少なくともやっていく内にちょっとずつ慣れます。下手になるということはないので果敢にチャレンジしてみましょう。

 

で、パチプロの行動に近づくと何が良いのかというと、単純に負け額が減ります。

というかむしろ徹底的に真似できれば、普通にお金が増えますw

当然ですよね、パチプロはパチンコの勝ち額で生活してるのですから、行動がパチプロに近づけば当然あなたの財布も厚みが増すでしょう。

うさぎさん
難しそう……

と感じるかもしれませんが、パチプロのやってることって意外とシンプルなんですよ。

まあこの話はとりあえずこれくらいにして、「パチンコをやめる」のではなく「パチンコと上手に付き合う」という方向性の解決策もあるということです。

 

……といっても「パチプロの行動」とか「止め打ち」なんて言われても難しそう、と二の足を踏む気持ちはよくわかりますw

なので次の項目ではより詳しい「パチプロの行動と生態」をみていきましょう。

これを見れば意外と自分にもできるかもと考えが変わるかもしれません。

知られざるパチプロの行動と生態

パチプロのやっていることは意外とシンプルである

このようにさきほど述べましたが、これについて詳しく解説します。

基本戦略は食品スーパーのタイムセール狙い

やりくり上手の女性なら一度は利用したことがありますよね?食品スーパーのタイムセール。

お惣菜コーナーの半額シールが貼られる時間帯だけを狙ってお買い物に行くなんていう歴戦の猛者も多いと思います。

ちなみに僕もコストコの試食コーナーで昼飯を済ませることがあります(おい)

 

パチプロの基本戦略は上の事例と全く同じです。

つまりお得な店のお得なコーナーだけを狙いうちし、色々な店を渡り鳥のように巡っているのです。

リスさん
パチンコ店も慈善事業じゃないんだから、絶対客が負けるように調整してるでしょ

という言葉をあなたも一度は耳にしたことはあるでしょうし、実際に適当に打ち続ければ絶対パチンコは負けるように出来ているのですが……

実はパチンコ店も「営業努力」をして他の店舗と競争をしています。

つまり食品スーパーがタイムセールやポイント還元デーを開くように、デパートが定期的にバーゲンセールを開催するように、パチンコ屋さんにも「還元日」や「還元コーナー」が存在するということです。

パチプロの姿勢は徹底している

そしてパチプロは独自の情報網と地域の経験、釘読み力等を活かして、還元日や還元コーナーだけを狙いうちすることで利益を出しているんです。

ちなみに彼らのこの考え方は物凄く徹底しているので、いわゆる「イベントがガセった」ときは1回転も回さずに、次の店に移動したりします。

パチプロ
せっかく来たんだから千円だけ打っていくか……

みたいな情けは一切ありませんw

まるでハゲタカのようですね。実際その通りだと思います。

 

なので、あなたもまずは「地域のパチンコ屋の有名なイベントや還元日を覚える」ことから始めるとよいでしょう。7の付く日はアツイ!とかそういう系のやつです。

ただここで注意点が必要です。

あまりに有名なパチンコ屋さんの還元日は、還元の仕方が弱い傾向があります。

逆に狙い目なのは「これから還元日を地域のお客さんに定着させよう」と考えている店です。

 

こういう狙い目の還元日を調べるには主にネット検索やツイッター検索を使います。

このへんは語り出すと長くなるので、詳しいやり方はまた別の方法で説明しますね。

プロがいる店で打つのがオススメ

さてここまで長々と話してきましたが、実はあなたがパチンコと上手く付き合うための一番簡単な方法というのが実はあります。

プロが複数いる島で打てば還元コーナーの可能性大

それは「プロがいる店で打つ」ということです。

「繁盛している店」じゃないですよ?「プロがいる店」で打つんです。

 

どういうことか、ここまでこの文章を読んでくれたあなたはわかりますよね?

つまりプロは地域の還元情報に詳しいので彼らの狙っている店と同じ店で打てば還元台を打てる可能性が高いということです。

うさぎさん
でもプロってどうやったらわかるの?

という疑問が当然湧いてくると思いますが……

実はプロを見分ける方法は結構簡単です。

パチプロの特徴チェックリスト
  • スマホをUSBポートに差して充電しながら打っている
  • 常にスマホを見ている
  • パチンコの液晶をみていない
  • 台選びはデータ表示器ではなく釘を(さりげなく)みている
  • 大当たりすると背筋が伸び、ハンドル操作をこまめにしている(動きは最小限)
  • 平日の昼間なのに私服
  • 平日の昼間なのに毎日地域のパチンコ屋のどこかに必ずいる
  • 基本つまらなさそうに打っている

こんな感じです。

今まで「パチンコ台」を気にしたことはあっても、「打っている人がプロかどうか」を気にしたことはないかもしれません。

でもぶっちゃけ還元台や還元コーナーを見分けるには、釘を見るよりも人を見た方が手っ取り早いです。

出来ればプロっぽい人間が二人以上いる島だといいですね。より確実に還元コーナーを狙えます。

パチンコ屋の還元の基本は「推し機種一律アケ」

ちなみにパチンコ店の還元で一番多いパターンは「特定機種を一律にアケる」というもの。

例えば「新装初日は北斗無双の島全台のヘソを一律0.5mmアケる」とかね。

 

あまりにパチプロが多い島だと、回転率の良い台は全部抑えられてるなんてこともありますが、それでも他のボッタ店で打つよりかはマシです。

余り物の台でも回る台にありつける可能性はありますから。

 

ちなみにプロっぽいのがあらゆる機種にバラけている場合は、とりあえずプロがいる島ならどこでもオッケーですw

とにかく大事なのは「プロがいる島で打つこと」これを心掛けてみてください!

まとめ

この記事の内容を最後に簡単におさらいしますね。

  • 「パチンコをやめる」以外にも「パチンコと上手く付き合う」という解決策もある
  • 収支表をつける習慣を始めよう
  • あなたの行動と「パチプロの行動」をできるだけ近づけるように意識しよう
  • パチンコ屋の還元日と還元コーナーだけを狙い打ちしよう
  • パチプロの見分け方は「つまらそうに打っているかどうか」

以上になります!

 

もしあなたが「パチンコをやめる」のではなく「パチンコと上手く付き合う」方法を試すのであれば……

まずはプロ判別法を身に付けて地域のパチンコ屋の優良イベント情報を蓄積してきましょう。

これをやるだけで、あなたの収支は確実に改善しパチンコと上手に付き合うことが出来るようになります。

 

そして言い忘れてましたが、もしあなたが「パチンコと上手く付き合える」から「パチンコで勝つのが当たり前」に成長できたとき、実は「パチンコをやめる」ことも簡単に出来るんですよね。

実際、僕がパチンコを教えた(代打ちをお願いしていた)子は……

「勝てるようになったらパチンコがつまらなくなってプライベートでは行かなくなった」

と言っていましたしw

実際パチンコなんて勝てるようになったらただの作業ゲーですからね。

 

世の中にはパチンコよりも面白くてワクワクするものはいくらでもあります。そして僕がそのことに気付いたのは「パチンコで勝つのが当たり前」の世界を体験した後でした。

この記事があなたの状況を解決するきっかけになれば幸いです。グッドラック!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事