CRガオガオキング2|スペック止め打ち攻略まとめ

gaogao
---------sponsored link---------

あの名機が帰ってきた

2016年7日4日登場のサミー新台ガオガオキング2

本機のスペック・攻略情報についてまとめた記事だ。前作のファンもそうでない人も要チェック!

スペック

ライトミドル

初当確率 1/199
確変確率 1/54
ST突入率 100%
ST回数 50回
ST継続率 約61%
電サポ回数 50 or 100回
賞球/カウント 4.1.3.13/9C

ラウンド振り分け

ヘソ入賞時
ラウンド 電サポ 払出 振り分け
16R確変 100回(ST50+時短50回) 1872個 15%
ST50回 15%
4R確変 ST50回 468個 70%
電サポ入賞時
ラウンド 電サポ 払出 振り分け
16R確変 100回(ST50+時短50回) 1872個 25%
ST50回 25%
4R確変 ST50回 468個 50%

甘デジ

初当確率 1/99
確変確率 1/73
ST突入率 100%
ST回数 50回
ST継続率 約50%
電サポ回数 50 or 100回
賞球/カウント 4.1.3.10/7C

ラウンド振り分け

ヘソ入賞時
ラウンド 電サポ 払出 振り分け
15R確変 100回(ST50+時短50回) 1050個 15%
ST50回 15%
4R確変 ST50回 420個 70%
電サポ入賞時
ラウンド 電サポ 払出 振り分け
15R確変 100回(ST50+時短50回) 1050個 25%
ST50回 25%
6R確変 ST50回 420個 50%

基本情報

名称 ぱちんこCRガオガオキング2
メーカー サミー
仕様 ライトミドル
甘デジ
導入日 2016年7月4日
導入台数

攻略

止め打ち・攻略

前作ガオガオキングは技術介入要素が非常に高く筆者自身そこそこ打ち込んだ台だ。

今作の電サポは最近のサミーの流れを汲み電チュー賞球1個+ポケット賞球3個タイプ。おそらく打ちっぱなしでは電サポで玉が減るだろう。

逆にポケットさえやられていなければ玉増えを見込める可能性は高い。

詳細手順は導入開始とともにお伝えする。

評価・感想

俺の感想

まずはPVを貼っておく。

前作と同じ感覚で打てそうだ。

筆者は技術介入度の高さ目当てに前作を打ち始めたが、打ち込むにつれシンプルなドラム演出にも魅了された一人。

実際そのゲーム性はあらゆる層のプレイヤーに受け入れられホールでの長期稼働を誇った。

前作ほどの技術介入度の高さはないと思われるので初心者にもその秀逸なゲーム性を味わってほしいと願うが、おそらく電サポ打ちっぱなしでは玉は減る。

初心者手順があればこのページでお伝えするので、是非失敗を恐れずに電サポ止め打ち攻略に果敢に挑んでほしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。