【初心者必見】パチスロ宵越し天井狙いの極意と裏技

naruhodo
---------sponsored link---------

この記事ではパチスロの宵越し天井狙いのノウハウについて詳細に語っていきます。

宵越し天井狙いというのはもはやスロハイエナの基本です。

はっきり言ってこれが出来なかったらハイエナやる意味ないってくらい超重要技術ですwww

そんな宵越し狙いについて当記事では小学生でも理解できるように順を追って説明していきます。

宵越し狙いの極意を全て語っている超ボリューム記事ですが、あっさり読めるように書いたつもりです。この先も是非集中してご覧くださいませ。

宵越し狙いの概要

宵越し狙いとは

yoigoshi

宵越しの銭は持たないという言葉もあるが

宵越し天井狙いというのは当日まだ当たりがついてない台を狙った天井狙いのことを指します。

当日ノーボーナスG数+前日最終G数=宵越しG数

前日の最終G数と合わせた天井狙いが宵越し狙い

というのもいまどきのスロットのお客さんは天井の存在を知っている方がほとんどです。

当日ハマリの天井に近い台というのはなかなか空きません。

そこで天井狙いで稼いでる人のほとんどは宵越し天井を狙うってわけ。

細かい部分はとりあえず置いといて「天井狙いで稼ぐには宵越し天井を狙う!」という基本をざっくりと押さえておいてください。

宵越し狙いのメリット

naruhodo

宵越し狙いをするメリットはただひとつです。

天井付近の台が格段に拾いやすくなります。

天井狙いで喰ってるプロは宵越し8:当日2という割合で天井を拾ってます(もちろん個人差はありますが大体です。イメージを掴み易くする為にざっくりと話しています)。

それくらい宵越しに依存してるんですよね。

宵越し狙いのデメリット

しかしそんな宵越し天井狙いにもデメリットが存在します。

それはリセット(設定変更)を喰らうと酷い目にあうということw

機種によりますがお店が設定変更した場合、天井までのゲーム数が0に戻る台が多いです。

わかりやすくするために例をだしましょうか。

アナザーゴッドハーデス

ハーデスという機種があります。

この台天井は1600Gですが設定変更されると天井までのG数がリセットされます。

この台の前日最終G数500+当日ノーボーナス400ハマリを打ったとしましょう。

設定据え置きなら計900Gで美味しい台ですが、設定変更がかかっていたら400Gから天井狙いをしたということになります。

めちゃくちゃ怖いですよねw

こんなリスクを孕んでいるのが宵越し天井狙いです。

ですからプロはそのリスクを消すためにあらゆる手段を使うのです。

目次へ

設定変更を見抜く

minuki

ズバリ、宵越し狙いで喰っていく為には設定変更を見抜くノウハウが必要不可欠です。

設定変更がわかればリセットの台は避けて据え置き台のみ宵越し天井を狙うこともできます。

「そんなことできるの!?」と思った初心者の方もいるかもしれませんが結論から言えば出来ます。

もちろん全てのお店で出来るわけではないので、稼ぐ為には変更が見抜きやすい店を探すのが重要。

そんなお店を探すためにもまずは変更を見抜くノウハウを身につけましょう。

出し惜しみ一切なしですべてをこの記事内で公開していきます。

リセット傾向を把握する

keikou

パチスロには設定というものが存在しそれぞれ出玉率が異なります。

お店は各台を開き設定キーを回して設定変更をすることにより営業利率を調整するのですが・・・

この設定変更に対する考え方というのはお店によって様々です。

  1. お客を呼ぶために毎日こまめに設定変更する
  2. 基本低設定据え置き営業だけどイベント日だけは全台リセットする
  3. 設定変更なにそれ美味しいの?設定キーほとんど使ってない
  4. 毎日オール低設定だけど宵越し狙いをするプレイヤー対策でハマリ台はリセットするぜ!
  5. うちは毎日全台リセットするんだよねー

ざっくり上のような例をあげてみましたが多種多様です。

ハイエナをする為に一番理想的な環境は③のようなお店ですね。

いわゆる全台据え置き店というやつです。

理想的であるがゆえに存在は希少種。

しかしないとは言いません。というかこの記事を書いている僕自身1年前は全台据え置き店に大変お世話になってました。

僕の経験上こういうお店は設備が古い田舎のさびれた過疎店に眠っている傾向があります。

地方に住んでいて車を持っている方はぜひ過疎店巡りをしてみましょう。おもわぬ穴場店に出会えるかもしれません。

ただ全据え店なんて本当に希少なので現実問題としては②や④のようなお店で天井狙いをするプレイヤーがほとんどだと思います。

そこで重要になるのが店のリセットラインの把握

例えばハーデスなら800G以上はリセットをかけてくる、などの情報ですね。

これを知る為に重要な項目を列挙しましょう。

  • とにかくお店に通う。
  • 他人の台挙動に目を光らせる。
  • 店員と仲良くなってリセット状況を直接聴く。

ざっとこんな感じ。

五感をフル活用してなるべく短期間にお店のリセット情報を集めましょう!

これをやるにはリセット時の台挙動の知識が必要不可欠となります。

ここはキモの部分なのでしつこくいいますがリセット挙動の知識超重要です!

色々なブログを読んで勉強しましょう。

 

そうそう、⑤の全台リセット店もかなりアツいです。

100件回って1件あれば良いほうですが全リセ店を探せるとなかなか良い思いができます。

ここではさっと触れるにとどめますが、最近の台はリセットすると天井が下がったりCZ状態で始まったりなど様々な特典がつく台が多いからですね。

全リセ店では全リセ店特有の立ち回り技術が要求されますが、そのへんは現場で徐々に身に付くと思いますのでここではとりあげません。

気が向いたら別記事で語ろうと思います。

下見

下見の重要性

shitami

僕の経験上の話をします。

本当に天井狙いでガッツリ稼いでいる打ち手は下見の重要性を深く理解しています。

月収20~30万の副業レベルの収入になるか月60万以上になるかの分水嶺はズバリここにあるんじゃないかと個人的には思っているくらいです。

それくらい超重要項目なので熱を入れて語っていきますが是非ついてきてください。

筆者の下見データ

筆者の下見データ

上画像は実際に僕が使っている下見データです。

ここで重要なのはハマリ台だけゲーム数をとるのではなく全台のゲーム数をとるということです。

ときどきめぼしいハマリ台のゲーム数だけとメモるという打ち手もいますが僕はあまりオススメしません。

詳しくは後述しますが立ち回りの精度と効率が落ちます。

さらに初見の店で下見をとるときは前日の総回転数と当たり回数も極力とったほうがよいですね。理由は後述する変更判別に関わってくるからです。

 

また上記データは朝から狙える台や少し育ったら美味しい台には顔マークをつけて見やすくしています。

現場で少しでも動きやすいようにひと手間加えるのが大事。地味ですが結構効きます。

もともと僕は超ズボラ人間でこういうことは一切しませんでしたが・・・

これはブログやツイッターきっかけで上手い人とノリ打ちするようになってから影響を受けてやり始めました。

私生活ではいくらズボラでもいいけども大好きなパチスロに関してはマメでいようという考え方に変化しますた。

下見のやり方

まずテンプレをメモ帖に作成しておき、テンプレに上書きする形で下見データをつけていきます。

tenple

下見テンプレ

下見は実際にお店に足を運んで行います。

サイトセブンやマルハンズネットなどのWEB上データを使って下見をするというノウハウもありますが僕はあまりやりません。

理由として2016年現在このノウハウはあまりに広まりすぎており他プレイヤーとの優位性を確保しにくいからです。

また最近の台は台メニューを開くことでしかわからない複雑な狙い目を有している台も多く、実際に下見に足を運ぶことによって得られる情報というのは非常に多かったりします。

ある程度天井狙いに習熟したプレイヤーなら労力と費用対効果を考えてWEB下見にとどめるのもアリだと思いますが・・・

初心者のうちは面倒くさくても直接下見をやってみましょう。

こういう店で下見をとる

pachimise

結論から言いましょう。

ズバリデータカウンターが低性能のお店。

boro

こういうお店は下見をとることによって化ける可能性があります。

逆に前日最終G数が常に表示されている高性能カウンター設置店。

date

これは駄目です(笑)

理由はもちろん他プレイヤーとの優位性を確保できないから。

こういうお店の場合、いまどきは一般プレイヤーも天井の知識はほとんど持ってますから宵越し天井狙いのできるゲーム数であきずらくなります。

またハイエナで稼ごう!という打ち手も集まりやすくなりますし実際に宵越し天井狙いで落としそうなお客さんがいた場合争奪戦になったりします。

それでは全然美味しくありません。

ですので僕はなるべくボロいデータカウンターを設置しているお店、地域でしかハイエナはやりません。効率悪いので。

下見データの活用方法

mushimegane

下見データをスマホでみられる状態にしておき、常に下見データを見ながら台を探したり台挙動を観察するようにしましょう。

このデータを持ったうえでお店にいると様々なメリットを享受できます。

一番でかいのは・・・

現在稼働中の台の前日G数が(自分だけに)わかる

ということです。

空き台の場合、少しハイエナ知識のある打ち手だとデータカウンターの前日総回転数と履歴データをつかって前日最終ゲーム数を割り出すというテクニックを使ったりするのですが・・・

そのワザも稼働中の台では当然できません。

しかし下見データを持っていたらどうなるか?

当然ながら丸わかりです。

つまり美味しい宵越しゲーム数でやめそうなお客さんをさりげなく待つといったこともしやすくなるんですね。

具体例をあげていいましょうか。

gaisen

凱旋の宵越し700Gの台を確保したとしましょう。

「よっしゃー期待値2800円ゲット♪さっそく打とう♪」

※本当に凱旋700Gの期待値が2800円なのかという問題はここではいったんおきます

というのは残念ながらあまり得策とはいえません。

本当に稼いでる打ち手の思考を書きましょう。

「凱旋700かあ。ほかにもっと高いのが空くかもしれないしとりあえず確保して店内状況を観察しよう。

おっ、今500Gのハーデスを打ってるお客さんの前日最終は550Gだな・・・知識もなさそうだしちょっと待ってみるか。落としそうになかったら凱旋打とう」

ある程度稼いでる人は大体こういう考え方をします。

逆にいえばデータカウンターがボロい店ならこういう動きをすることで他プレイヤーとの優位性を確保できるってわけ。

 

また下見データは初見店でのリセット傾向情報を集めるのにももちろん役立ちます。

「サラリーマン番長当日150Gを打ってるお客さん前日最終は250Gか・・・

雫ステージに行くか横目でみさせてもらうか」

みたいなこともできますからね。

 

そんなこんなで下見データを持っているとこんなに良いことが盛りだくさん。

是非面倒くさがらずにとくに初心者のうちは直接下見をとることを当記事では強くおすすめします。

警戒の緩い店でリセット判別

僕が下見をとれとしつこく言う理由は他にもあります。

それがリセット判別の警戒が緩いお店の存在です。

どういうことか包み隠さずぶっちゃけましょう。

お店によっては前日の総回転数の増え方でリセットを見抜ける場合があります。

  • 据え置き⇒総回転数が増えない
  • リセット⇒総回転数が1以上増える

というパターンの店もありますし・・・

  • 据え置き⇒総回転数の増え方が1~3G程度
  • リセット⇒総回転数の増え方が5~10Gほど

なんてお店も実際に遭遇したことがあります。

こういう店を探せるとこれまた他のライバルと差をつけることができますね。

他にも警戒の緩いパターンとして

  1. 前日の閉店出目と開店出目がリセット台のみ異なる
  2. 朝一の液晶デモがリセット台のみズレている

というのもあります。

これらの警戒緩い店ってのは探せば意外とあります。

ですのでハイエナを始めたばっかりの初心者や引っ越ししたばっか!なんて打ち手は是非虱潰しで警戒の緩いお店を探してみてください。

そんなお店にたどり着くことが出来た場合は、きっと今までよりも収支が向上すると思います。

目次へ

変更判別仕込みの裏技3選

変更判別にはほかにもいろいろな技があります。

ここからは僕がよくやる仕込みを使った変更判別を公開しましょう。

 

この判別は主に設定据置の根拠を知る為に使います。

例えばハーデスの1000ハマリが閉店時に落ちてたとしましょう。

店のクセを何もつかんでないのに翌日朝一特攻かますのは怖すぎますよね?

その怖さを消すために、以下の仕込みを使って安心安全な宵越しライフを満喫しよう!ていうのがこの項目の趣旨です。

①台の下にコインを置いたり挟んだりする

これは僕がスロットを始めたころから語り継がれてきた伝統的な技です。

ローコストかつ演技をかませると目立たずに仕込めることから今も一部で重宝されています。

お店が台の設定を変える為には台を開けて設定キーというのをぶっ挿してグリグリしなければ設定を変更することができませんw

その、「台を開けた」という可能性を消すことができれば・・・
それはつまり「台を開けてない」=設定を据え置いた!

ってことになりますよね?

つまりコインが消えていたら台を開けた=変更じゃね?ということ。

注意点としては管理者があえて気づいているのにコインを残したままにするというケースもあります。つまり罠ですね。

そういうお店の場合、僕は店のコインじゃなく100円玉を置いたこともあります。

コインは残すお店でもそのときはソッコーでなくなってましたw

100円玉がもったいない人は外れ馬券とか仕込んどいてもいいかもねw(ただしその店には二度と行かないように!)

当然朝一リールを動かしてたり清掃や補給をいじってたりする店では無効です。だって設定関係なく台を開けてるってことですからね。

②コインサンドのレールを一番奥に押し込んでから少しだけ手前に戻す

IMG_7336

↑コインサンドについているメダルを流しこむためのレール

これは少しマニアック度があがりますが、2001年頃からとあるスロプロがネット上で公開してた技で極一部のプロ間で使われていた秘奥義です。

どういうことかというとお店が設定を変更する為には台を開けないといけませんでしたよね?

台を開けて棒状のモノ(設定キー)をぶっ挿さないと設定師の言うこときかないアバズレなんですよスロット台という名のきまぐれハニーは!(ハアハア)

ちょっと興奮してしまいましたが話を戻しますw

つまりですね、台を開けるときってまず上のレールをよいしょって右にどかしてから台を開けますよね?

わかんねって人は今度店員さんが台を開けるときによく注目しといてくださいw

この「よいしょ」をしたかどうかを確かめる技なんですよ、コレは。

イメージとしてはカイジが三好と前田の裏切りを確定させる為に麻雀牌に自分にしかわからないスキマを開けておいてあえてトイレに行くために離席するシーンがありましたよね?(知らない人はごめんなさいw)

アレです。

(余談ですけど福本先生は以前パチプロが主人公の漫画を描いていて、彼にパチンコの釘調整をしたかどうか確かめるテクを使わせてました)

つまり、レールの位置が自分が仕込んだときと変わってたら

台を開けたっぽい=変更じゃね?

という理論ですね。

翌日の朝一に少しスキマが空いているかに注目します。

スキマが空いてなくてレールと台がぴったりくっついていたら変更の可能性が高いということです。

当然朝一リール清掃を毎日やっています!というお店では効果はありませんからね(口うるさくてごめんなさい)

初見の店ではまず朝一に全台のレールの位置を見るクセをつけておくと良いです。バラバラであればこの仕込みが使えるかもしれません。

あと、できればその機種のコースを巡回している店員の顔も覚えておいたほうがいいかもしれないですね。

律儀な店員とズボラな店員で対応が違ったりすることがわりとあるので。

③シャーペンの芯を台の上や隙間におく。または鍵穴に挿す。

僕が駆け出しの頃雑誌とかネット上でよく書かれてたのは・・・

セロハンテープを台に貼っておけば台を開けたかわかるんじゃね?

という杉ちゃんもびっくりのワイルドな判別法でした。

駄菓子菓子!

チキンな僕には無理でした(笑)

最悪店にバレたら出禁ものですしね~

でもやはり台開け判別はやりたい・・・

そこで、いろいろなものを試し検証を積み重ねた結果・・・

我々がたどり着いたのがシャーペンの芯でした(ドモホ○ンリンクル風)

シャーペン

これを台の上のほうに置いたりスキマに挟んだり鍵穴にぶっ挿したりします。

そこはかとなく店に怒られちゃいそうな気もしますが少なくとも僕は今まで一度も怒られたことはないです

そもそも暗い店内でシャーペンの芯に気付ける観察力を持った管理者ってなかなかいないと思いません?

ただ仕込むときには演技をかませます。台に座ってデータカウンタをポチポチやりながら仕込んだりとかね。

僕は旅打ちで初見のお店のリセット傾向をいち早く知りたい場合などでよく使ってます。

なのでシャーペンの芯は常に常備されてますね(笑)

また、自分はこの3つのアナログ仕込みを組み合わせて使うことが多いです。

どれか1つじゃなくてね。

あ、当然全台に仕込んだりしちゃだめですよ(笑)

ソッコーで対策されるんで。

これらの仕込みは狙い台変更する自信がある台の両方に仕込みましょう。

  • 変更する自信がある台(高設定やART中の閉店台)の下に置いたコインがなくなってる
  • 狙い台のコインは残ってる

という状況ならそれはほぼ据え置きといってよいですからね。

安心して宵越し天井を狙っちゃいましょう(笑)

目次へ

まとめ

長々と語っていきましたがいかがでしたでしょうか?

本当は書きたくないノウハウも今回は公開してみました。もしわかりずらい場所などありましたら是非コメント欄で教えてください。

速攻追記しますんで(笑)

さて、この記事で特に重要な部分をもう一度まとめてこの記事を終わりにします。

宵越し狙いのポイント

  1. 下見はとる
  2. データカウンターのボロい店を狙う
  3. たくさんお店を回って他プレイヤーとの優位性を確保できる状況を探す

以上!この記事がみなさんのスロットライフに少しでも役立てば幸いです!

目次へ

13 件のコメント

  • 電源ON/OFF目的ではなく
    台のなかに溜まったコインを整理するのに
    台を開けるパターンが結構ありそうなんですが
    どうなんでしょうか!?

  • 沖縄の台ではほぼ使えません。
    気を付けましょう。
    なぜかって?
    閉店後に店員が、全台開けてコインがつまってないか見るから♪
    後自動補給されるはずが、されてない場合もあるので確認の為開けます。
    朝一当たり仕込みしていない店だと、リール配置をメモしておいた方が無難。

    というか店側わかってるよ。俺、掃除機もって回って、適当なところにシャー芯置いてたものw

  • 開店に向けてコインを足したり、抜いたりする店は使えなさそうですね>_<

    何割くらいの店(変更台以外開け閉めしない店)で有効でしょうかね??

  • ほとんどの店が閉店後に清掃をしてると思いますが、台を拭く際にレールはずらしますよ。
    じゃないと隅まで拭けませんから。
    ちなみに、下皿の下のすき間も指先入れて拭きますからコインとかは残りませんよ。
    鍵穴はわかりませんが、台の上にシャー芯なんかも当然拭くときに飛ぶでしょうねぇ。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。