---------sponsored link---------

【質問】換金ギャップがハイエナに与える影響について【回答】

換金ギャップ

換金ギャップについて正しく理解して、きたる増税に備えよ!

はい、というわけで久しぶりの質問コーナー開催(ドンドンパフパフ♪)

大分前ですが読者さんから「換金ギャップって気にしたほうがいんすか?僕、マイホの換金率よくわかんないんですけど」っていう質問を頂いたことがあったんですよね

で、その方愛知県にお住まいだったので、「今すぐマイホの換金率調べろやwww」とアドバイスしたところ…

「5.5枚交換でした!」

との返答が…

よくよく話を聞いてみると、どうもその店は貯メダル再プレイ無料無制限というルールだったみたいなんですが、当然ながらその読者さんは貯メダルも再プレイもやってなかったわけで…

これぶっちゃけスゲー損してますwww

残念ながらその時は当該読者さんに「換金ギャップでググッてみて」というアドバイスしかできなかったんですが、今は増税が控えていて等価交換禁止が全国規模でのルールになりそうな情勢…

そこで、「換金ギャップがどれくらい損するのか計算で出せない」という方の為に例によって小学生でもわかるくらいの噛み砕きかたで解説してみます

前置き長くなりましたが、ではどうぞ!

images1000円=50枚

というわけで我々がスロットをプレイする際に借りるメダルは漱石先生を1人ぶっこむメダルが50枚ジャラジャラと出てきますよね?(5スロ等は除く)

ということはコレすなわち…

1000÷50=20

メダルは1枚20円の価値をもっていることになります

では次に増税対応として換金率が低下した場合一番多いと思われる5.6枚交換の場合を考えてみましょう

まずメダルを借りるときは上記と変わらず1漱石ぶっこむとコインが50枚出てきます。これは変わらない

ただ!

出たメダルを景品に変えようとしたとき、1000円分の特殊景品をとるには56枚のメダルが必要になります

このときのメダル1枚の価値を計算で求めるには…

1000÷56=17.8571…

約17.8円となるわけですな

突然ですがここで問題

Aさんは最近新しく出来た「スロットるきの」という5.6枚交換のホールに初めて遊びにいきました!

さっそくスロットコーナーを見て回ったところ

上の台がなんとなく気になったので着席し千円をコインサンドに入れることに

(ジャラジャラ…)

と!ここで突然のハプニング発生!

なんとAさんの彼女から「貴方と別れたい」とのメールが…

当然スロットどころの騒ぎではないAさんは台を1プレイも回さずにメダルを会員カードに貯メダルして彼女の家へ向かいました

~後日~

無事彼女を説得することに成功したAさん(よかったよかった)

さっそく先日のスロットるきのに遊びにいったところなんとこの店は再プレイに手数料がかかることが判明!

店員さんに話を聞くと50枚につき6枚の手数料とのこと

さて、ここで問題!

Aさんはこのお店で1プレイも遊んでいませんが実はすでにこの時点で負けていますw

果たしていくら損をしているのかを計算で出してみて下さい!

実際に手を動かして考えてみてねー

解答はいくら?

 

答えは107.14円

なんでそうなるのかを解説すると…

5.6枚交換店のメダル1枚あたりの価値は

1000÷56=17.8571

この約17.8円と貸メダル料金1枚20円の差額を求めると

20-17.8571=2.1428

メダル1枚あたり2.14円の損失額となります

 

前回のAさんは50枚のメダルをそのまま流してしまったので

2.1428×50=107.14

107.14円の損失が発生したことになります

サンドに金を突っ込んだだけで発生する損失

ここでの重要なポイントは

等価交換以外のお店では

サンドにお金を入れた場合、その時点で損失が発生するということです

 

例えばこんなシチュエーションを想像してみてください

5.6枚交換のお店でジャグラーEXの設定6をブン回したAさんとBさんがいたとします

Aさんは千円でBIGを当て、そのまま持ち玉で遊技を続け最終的に+1500枚の差枚数になりました

一方Bさんは投資がかさんでしまい初BIGまでに1万五千円かかってしまいましたが、その後持ち直し最終的にはAさんと同じく+1500枚の差枚数になりました

 

この場合のAさんとBさんの収支を比較すると

Aさん+26678円

Bさん+25178円

以上のようになります!

 

ええ、差枚数は同じでも投資額が少ないAさんのほうが収支も上なんですね

 

このように等価交換以外のお店では

差枚数の他に平均投資額(サンドにお金を突っ込む額)という要素が収支に影響を与えるということをしっかり押さえておいてください

ハイエナ=平均投資額が大きい?

さて、ここからが本題です

みなさんが一日ハイエナ一本で立ち回った場合の平均投資額ってどれくらいかって把握してますか?

これはその人のスタイル(ゾーン狙いをどれくらいやるかetc)や環境によっても違ってくるのですが

僕の場合…

台移動するたびにメダルを流す・・・平均6~8万円
持ちメダルをもって台移動する・・・平均4.5~6.5万円

大体1日めいっぱいハイエナで動いてこれくらいの投資額になりますね

 

ええ、コレ、結構影響デカイです

千円で107円の換金ギャップを喰らうということは…

 

6万円で6420円の換金ギャップを喰らうことになる

これは相当キツイ。日当の1/3を換金ギャップでもっていかれてます

ただし再プレイ手数料無料なら話は別

はい、そうなんです

会員カードを作って貯メダルし再プレイした場合の手数料が無料(しかも無制限)なら、この換金ギャップは関係ナシになります

 

等価交換と違う部分は単純にメダルの価値(約2.1円)だけですが…

これはその分店側が平均設定を上げたり、あるいはメーカーが5.6枚交換に合わせた出玉設計をしてくるでしょうからなんら問題はない(キリッ)

怖いのは再プレイ手数料あり台移動ナシルール

はい、これですわ

このルールだと負担が我々ハイエナにモロにのしかかってきます

特に5~6店舗巡回してるタイプのハイエナさんは影響大きいですね。立ち回り自体の再構築を要求されるかと

 

ま、さすがにこのルールが主流になる確率は低いとは思いますが、何が起こるかわからないのがこの業界ですので(5号機移行期に身をもって体験済)

どんな変化にも対応できるようにしておくのが大事というのが僕の意見

 

 

以上!上手くまとまりませんでしたが自分の考えを記事にしてみました!

是非ご意見お待ちしておりますw

6 件のコメント

  • 大阪奈良に続きちょっと前に京都も等価禁止になり
    着々と禁止の波が押し寄せてきてますね。

    再プレイ手数料って、約2年前くらいに手数料取るのがダメに
    なったので
    再プレイに上限をつける店が増えるかも知れないですね。

    やっぱり持ち玉流せないのは嫌ですね。箱持ってずっとうろつきたくないですし。

    昔ですが1回だけ非等価再プレイ手数料アリの店で
    メダルをコインロッカーに入れたりしてましたw
    6枚の店とかでは、メダル預かりサービスとかもありましたね。

    • 今は手数料とっちゃいけないみたいですねー
      増税のうやむやで手数料復活あるのか?と思ってたんですがとりこし苦労でしょうか

      ロッカーに保管wwwそれはナイスアイディア←

  • はじめまして。

    カイトと申します^_^

    いやー
    いつもブログ拝見させて頂いてます(*^_^*)

    そして腹がよじれる程笑う事もしばしば…笑

    そして真面目になったりと…

    ギャップが好きです^ ^笑

    全店舗等価じゃなくなったら、
    間違いなく立ち回りは変化を付けないとダメですね…
    差が出そうです。

    旅うち頑張って下さい(*^_^*)
    応援しております(*^_^*)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。