---------sponsored link---------

スロ新機種雑感&牙狼金色について

カイジ3

 

さて前回の記事では、全スロッター驚愕の超絶ガチ考察記事をupしスロブロガー界に激震を走らせてしまった当ブログですが

今回はスロ新機種についての僕の雑感などをダラダラとロクに校正もせずに書いちゃいたいと思います、、、

 

【修羅の刻】

天井狙い専用機。早めにいくんなら600Gから。修羅玉(笑)は4つ貯まってようがガン無視。ヤメ時も0やめでおけ。

CZ成功時に引き戻しがあることを実践上確認してますが、薄いし前兆クソ長い&CZ自体に(ナビ発生など)通常ベースに与える恩恵がなかったりするので無視しても全然問題はないかと。

【ゴッドイーター】

設定6が入る状況なら積極的に狙いたい機種。それくらい設定の狙いがい有。

天井狙いはとりあえず350付近からやってみるけど、そんな高くはなさそ。今後の焦点はやめ時ですが、現時点では終了画面サクヤ以外は即前兆確認やめ。

ちなみに即前兆は結構な頻度でありまぁす!なんで即前兆から40-50Gまで引っ張られてスカったら天国全部フォローしちゃってもええんちゃうの?(適当)

【ミリゴ凱旋】

全リセ店をキープできるとめっちょ強い。実際地域にもよるけど探せば絶対あるし、全リセじゃないけど機種全リセ対象になってる場合もあるからそのへんも要チェキ。

普段は玉弾いてる人でも、今は凱旋全リセを追ってる!なんて方も確認できてるし、そんくらい美味しいっす。

打ち始めはまあ適当に750~(リセ250~)とかでええんちゃうか?ピンで動いてるならもう少し深めからでもおk

 

こんな感じ。

あ、ついでだからぱちんこについてもちょろっと書いとく。

【牙狼金色】

遅ればせながら電サポ中の2-2-2-2(全捻り)をやり始めました。もっとしっかり打つんなら2-1-2-2だけど俺には難しすぎるので上記のやりかたで。

玉増えだけを考えるんなら単発うちに軍配があがるけど(やりやすさ含めて)も、全捻りのメリットもあって

  1. スルーが締められても打てる
  2. ヘソ保留が喰われる心配がない
  3. 時間効率がよい

とくに時間効率の向上は結構馬鹿にならないレベルっぽい。

とはいえ結構難しいから、モノにするまでは散々な数字にしちゃって泣きそうになることもあると思います(実体験)

でもそれを乗り越えてでも習得する価値のある技だと思うよ。実際しっかり打てれば1R133くらいまではとれるようになるし、上手い人だと135とかとる人もいるらしい。

 

一応コツとしては、最初の4発は屋根をしっかりみて玉がつながってるのかを確認しつつ打つ。後ろの4発は電チューにも視線を向けてタイミングがあってるか確認。あと筐体が暗くなるときに電チューを見失いやすくなるから身体の位置取りとか視線の向け方を工夫して回避。

こんなところを意識したら僕はできるようになりますた。参考までに。

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。